アラサーが場末のキャバクラ?で

27歳で始めたキャバクラのバイト。友人が働いていたお店に紹介してもらい軽い気持ちで働き始めました。
サラリーマンの街として有名な駅。意外とリッチなお客様も多く、常識的な人ばかりで、
基本的には楽しい事が多かったのですが、終電を過ぎると、ガラっと客質が悪くなるんです。

繁華街にあるものの、メインの通りからは、かなぁぁり奥に入った、ボロボロの雑居ビルにあるお店でした。
フリーのお客様はみんなキャッチのお兄さん達に、メインの大通りで声をかけられ、かなり歩いてこのお店までたどり着きます。
道中ボッタクリの店なのかと思ってドキドキしてたと、全員が必ず言ってました。

そうやって半ば強引にキャッチされてくるお客様ばかりなので、深夜になると途端にハメを外した、醜態サラリーマンばかりになり、大変でした。
下ネタやオラオラ、会社でのストレスからか横柄な態度で罵られたり、顔面にクラッカーを発射された事もありました。
お店のスタッフとケンカになり警察沙汰も。明日も朝から仕事なのでと、いつも早めに帰してもらってました笑