脇の臭いは自分では気づかない。

脱毛サロンに勤めていたのですが、時々いらっしゃるのが脇の臭いがすごく強烈なお客さんです。
そんな人の脇脱毛を担当する日には、ほぼ息を止めながらの施術になります。そのお客さんが出ていったあとの施術の個室は、残り香まで残るほどです。
なので、担当していなくてもさっきまで臭いのする人がいたんだなとわかりますし、次のお客さんに不快に思われてはいけないので、消臭剤をすごい勢いでふりかけていました。

そういう方は、自分が臭っていることに気づいていない方ばかりでした。そして、どんなに脇脱毛で毛をなくして見た目がキレイになっても、臭いは全くなくなりませんでした。
そんな人を身近に見ているので、自分自身はそうならないようにケアしています。
夏場、汗をかいたときに脇の臭いチェックを自分でしてみるとやはり少し臭うこともあので、そんなときは汗拭きシートを利用したり制汗剤を吹きかけたりします。
その日のお風呂では、しっかり泡だてた石鹸で肌を傷めないように優しくこすって清潔にします。

しかし夏に限らず、冬の厚着をする時期でも室内が暖かかったりすると汗ばむことが時々あるので、汗拭きシートは年中カバンに仕込んでいます。