食べ過ぎによる酵素の浪費

酵素を無駄にしてしまう行為は実は生活の中にたくさん潜んでいます。
飲酒や喫煙はもちろん、水道水を過剰に摂取している、農薬の多い野菜を摂ってしまう、肉中心の食事をしている、
炭水化物を摂りすぎる、寝る前にたくさん食べる、甘いものをたくさん食べるなど、主に「過食」と言われる行為は飲酒喫煙と同等の酵素の無駄遣いと言えます。

酵素は消化を助けるはたらきがあるため、食べれば食べるだけ消費してしまいます。
もちろん適度な食事で消費されるのは必要な消費ですが、食べすぎや飲みすぎ、偏食による消費はもやは浪費と言ってもいいでしょう。
食べ過ぎによる酵素の浪費を防ぐには、まず食生活を正すことからはじめましょう。

生の野菜を食べる習慣を付ける、腹八分目を心がける、嗜好品は時々にする、起き抜けや寝る前に食べ過ぎないなどちょっとした部分を改善することで酵素の浪費を減らすことが出来ます。
逆にちょっと食べ過ぎたな、というときには酵素サプリや酵素ドリンクで酵素を補ってあげるのもいいでしょう。
また、からだ本来の代謝を整えるためには運動も必要になります。