転職を希望するならチェックしておくこと

転職を希望するということは、現在勤めている会社を辞職し他の会社に移るということです。
会社を辞職してから転職活動を始めることも可能ですが、それでは収入面にも不安がありますし、職務経歴に空白の期間ができてしまいます。
転職をする場合は転職までの流れを把握し、しっかりとした計画を立てることが大事です。

しかし現在の日本の社会では転職が必ずしも収入アップにつながることはありません。
業績主義の企業が増えてきているとはいえまだまだ年功序列型の企業が多いのも現実です。生活が成り立たなければ転職の意味もありません。
収入面や待遇面など、今いる会社からの転職することでのメリットとデメリットを把握してから転職を考えるべきです。

また今現在の年齢や能力も考慮し、選択肢の数があるのかどうかのチェックも必要です。
どうしてもやりたいことができたとか、人間関係が辛いとか、
体力的に厳しいとかの理由が無い限りは今いる会社の中での異動や職種の変更の可能性もチェックしてみてはどうでしょうか。
転職することが今現在かかえている問題の最善の解決策であるかどうかはわかりませんから。